2010年08月04日

日本で育児放棄母が話題になっていますが、タイだとこんなカンジ

19:30 名探偵コナン (衛星放送 31ch)
# 443 ため息潮干狩り(前編)

20:10 GOLDEN HERO 金甲戦士 (衛星放送 31ch)
# 5

20:50 キャプテン翼 平成版  (衛星放送 31ch)

21:30 遊戯王デュエルモンスターズ (衛星放送 31ch)
TURN-105 新学期スタート! 波乱の予感

日本の育児放棄して2児を餓死させてしまった母のニュース。

同じ子供を持つ母としては、信じられない話です。
いつもコメントを下さる いるかさんのブログ でも取り上げられていました。

日本の環境とか、行政の限界とか、いろいろと理由はあると思うんですが
タイでも実は、育児放棄ものすごく多いです・・・。
でも、その放棄された子は、周りにフォローされるところが大きく違うと思う。

例えば、知り合いの男性は、自分の兄が離婚してその子供を誰も面倒みないので、
わが子のように育てています。
彼は独身で隣の県から出稼ぎに来ていました。子供の写真を持ってて
「私の子供」といつも言ってるので、離婚したのかなと思ってたのですが。
偶然彼の妹さんと話す機会があり、その時に知りました。
当時彼は、まだはたち過ぎ。遊びたい盛りなのに、わずかな仕事のお金を
一生懸命送金したりしていました。

自分のご両親にその子は預けてあるので、と休みの時には、おみやげを
買って帰ったり。

タイでは、両親ともに働いていて、おばあちゃんが孫の面倒を見ることは多い。
とはいえ、彼の場合送金するべきなのは「親」である、彼の兄のはずなのに。

*このところ順位下がり気味でテンションもダウン・・・応援してね 。*
別枠で開きます。 1日1クリックで順位が上がります。
 → ここへ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ

↓ この記事の先を読むには、この「続きを読む」の文字をクリック

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

また、近所に、知り合いが子供を預けたまま行方不明になり、その子を育て続けて
いるご夫婦もおられます。
観光地なので、外人とタイ人女性のカップルというのがとても多いのですが、
そのうちうまくいかなくなってくる夫婦もとても多く。
離婚となると、だんなさんは国に帰り、タイ人の奥さんも田舎へ帰る、と
言うことも多いらしい。
その時に、子供は「もういらないから」と適当に放置・・・。

近所のご夫婦の場合は、「数日預かってて。」と言われたまま、数年経っても
両親ともに戻ってこず、連絡先もわからないとか。

もううちの子同然だから、といいつつ、裕福な家庭ではないので、これから先
学費などもかかってくるし、自分の子と同じようにして育てていけるか不安だと
話されていました。

このうちなんて、既に自分の子が二人いて、本当に余裕はないのに、ただ
<あまりにもかわいそうだから>という理由で、他人の子を育てているケース。

他にも、果物売りのおばちゃんに、どう見ても黒人の子どもがぴったりと
くっついていて、不思議に思っていたら、その子も親に捨てられて、
そのおばちゃんところの子になったのだとか。

家の辺りが、特殊な場所なのかもしれないけど・・・とにかく、あまり先のことを
考えない上、自分の幸せを追求するタイ人には、子供が邪魔なことも多いよう。

離婚も多いので、子供は次の結婚のために邪魔。実家に預ける、という
パターンも本当に多い。
そして、祖父母は娘の幸せのため? 黙ってその子を育てていたり。

タイでは、育児放棄も多いけど、他人でも縁あってその子を受け入れて育てて
くれる人も多いということです。

また、孤児の施設もわりとたくさんあるようです。
以前たまたま通りかかったところは、まるで新しいビラのようでした。
だんなに「ここに、新しいビラ出来たんや〜。入り口に幼稚園もあるの?」と
聞いてわかったんですが。
だんなが「ここは、ビラじゃなくて、親のいない子供たちの住む施設。」と
言われて、そのあまりの美しさ、庭の広さ、遊具の充実度にびっくり。
すべての施設がそうじゃなく、新しいところがそうだっただけかもしれないけど。

ランキングに参加しています♪
本日のまとめ
平気でわが子を捨てていくタイ人は多いが、そんな子供を大事に育てるのもタイ人。
国の施設(王様の施設かも)も思ったより充実。それなりの資金が充てられている。
タイは日本より貧しい国と思っている日本人は多いが、お金はなくても他人を
思いやる心の豊かさを、持っている人は多いと思われる。
本日もご訪問ありがとうございました。
 

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アジア人)へ
 ここにクリックして下さると うれしくてもうたいへん〜。(´∀`)ノ
共感頂けましたら、コメントかクリックをお願いします。
↓ どちらかひとつでも、できればふたつでも! ヨロシクオネガイシマス。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
タグ:育児放棄
posted by ぷんぷく at 00:00| Comment(8) | タイ人と暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですね・・・
私もこのニュースには驚嘆しました。
信じられないのです。
日本はどうなっちゃったのか?
心が無くなってしまって、恐ろしい。
縁が有って他人の子を育てる事が出来る懐の深さは尊敬にあたりますね。

Posted by HIDE at 2010年08月04日 01:03
捨てる神あれば、拾う神もある、ということですね。
実際、タイでは自分の子も近所の子も、親戚の子も同じ感じで扱っていることが多いので、その平等感というか、心の広さには学ぶところが多いように思います。自分はなかなかできないなあ…。
Posted by NAPPY at 2010年08月04日 07:49
HIDEさん
おはようございます。
日本の場合は、たまたま最悪のことが重なってしまったような気もします。
タイにも酷い親はいますが、日本よりは他人のことに首をつっこむおばちゃんも多く、
助かってる面はあるような。バンコクなど都会になるとまたわかりませんけど。
Posted by ぷんぷく→HIDEさんへ at 2010年08月05日 09:33
NAPPYさん
そうなんですよ。見ていて、「すごいなぁ。」とは思うものの、自分がしようにも
いろいろと考えてしまったりして・・・素直に行動に移せないというのか。
全員昔の下町のおばちゃんみたいな感覚ですからねぇ。
Posted by ぷんぷく→NAPPYさんへ at 2010年08月05日 09:36
そうそう、私もそのことを書こうと思ってたところ。
どうみても独身で遊んでる人も「え?子供おったん?」みたいな。

孤児院も多いですよね。
前に、タイじゅうの孤児院の子たちが集まるキャンプに行ったけど、孤児院に寄って予算が違うらしく、着てる服とか全然違った。

母親の心理は私たちには想像がつかないし、それだけ追い込まれてたのかも知れないけど、
せめて周りが救ってあげられる環境があれば最悪の事態は減ると思います。
Posted by いるか at 2010年08月05日 19:28
いるかさん
毎度! 
いるかさんの記事を読んで、かなり考えさせられました。で、ふと「タイはもっと
いい加減やけど、そういえば〜。」といろいろ思い出して。

孤児院によって予算違うんや・・・。寄付とかも違いそうやしね。

私も異国で子育てしてて、孤独を感じたこともあるし、子供相手にきぃぃぃって
なったこともある。
でも、離婚したことはないから、(そうなったら)子供が邪魔と思うかは自分でも
わからんわ。周りの人も、後味悪い思いをされていると思うと本当にやりきれないね。
Posted by ぷんぷく→いるかさんへ at 2010年08月06日 11:13
日本人が壊れてきているんです。

この餓死させた母親、ホスト遊びにはまっていたんですって、大バカ者です。

離婚した時に男が子供を引き取るのが増えてます。
私の知り合い2名は、子供を引き取っています。
この頃の女性は、母親になれずに子供を産んでも女性として生きようとするんでしょう。

高校生はトイレで産み落としゴミ袋に入れてゴミ箱に捨てるし、30歳の女性も公園かどこかで産んで、誰の子か分からないので捨てたって、「どんだけ馬鹿なんでしょう?」

警察などがドア破ってでも捜査しないとこんな事故は無くならない。

この2名の子供も近所の人が通報していたんじゃないかな?児童福祉局に
Posted by tik at 2010年08月06日 15:38
tikさん
確かに・・・日本おかしいです。同居してるはずの高齢者が各地で所在不明とかも。
親の葬式出さないで、年金ゲットって言う思考が最低すぎ・・・。

男性で子供さんを引きとっておられるとは、大変ですね。
元奥さんは、身軽に人生やり直し〜ですか・・・。

この事件は、近所の方がなんども通報してたのに、誰が住んでるのかわからなくて?
役所は踏み込めなかったとニュースにありました。
部屋の前まで来てたのに、なぜ大家さんに声をかけないのか、理解に苦しみます。
きっと、誰もが責任逃れ、自分は関わりたくないという思考だったのでは。
Posted by ぷんぷく→tikさんへ at 2010年08月07日 09:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。